To Fish

Method: WINTER BOTTOM DART

冬に数釣りが可能なメソッドがある

冬のシーバス釣りは、水温が低下して魚の活性も低くて……というイメージの方もいるかもしれない。だが、それは単なる当たりメソッドを知らないからに他ならない。
冬のシーバスのコンディションはというと、産卵を終えアフターという産卵後の回復期でもある。産卵を終えた個体は海にもいるが河口や河川内に入ってくる個体も多い。アフターの特徴はまだそれほど体力も回復していないため、エサの溜まるスポットがあればそこで長時間フィーディングをすることが多い。
だから、冬はそんなフィーディングスポットを見つけることができたなら、実は数釣りができる可能性がある。だがそれは、どんな釣り方にも反応するというわけにはいかないようだ。
「産卵が終わって、水温も低く、エサも少ない時期なので、結構、体力もなくてボトムでじっとしてる個体が多いです。なので、普通の巻きで釣るのは難しかったりします。線で釣るより、点で釣るイメージなんです。そこでシーバスが居そうだなと思ったポイントでこの時期はネチネチとボトムを探るんですが、ジグヘッドとワームでやるボトムダートがかなり有効だというところに辿りついたんです」シーバスのいるスポットを見つけて、的確なボトムの攻めができれば数が釣れる日も珍しくはないという。

キモはボトムをすぐに切ること

「ポイントは、アフターの群れが集まりやすい河川の河口から下流域でやることが多いですね。水深はなるべく深い方が良くて、だいたい5m以上はあった方が良いですね。その方がダートアクションでルアーを見せて、追わせて、食わす。この一連の流れがやりやすいんです」
ボトムダートというネーミングからも、ある程度、このメソッドのロッドアクションイメージはできるはず。そして、専用設計のアルカリダートヘッド×アルカリの組み合わせによって、誰でもイージーにルアーをボトムでダートさせることができる。だが、釣り方にはいくつかのキモがある。そのキモさえ外さなければ釣果は出せる。逆にキモを外せば釣果は出ない。このように釣果に大きく差が出るという非常にテクニカルでゲーム性の高い釣りでもある。

「ボトムタッチはするんですけど、着底後すぐにダートさせて一瞬でルアーを跳ね上げます」
このメソッドで大切なのは着底から即ルアーを跳ね上げてすぐにボトムを切ること。ボトムでルアーを置いてしまうのは禁物。ボトムダートとはいえ、決してエギングのようにボトムにルアーを置くことはない。理由は、シーバスはそれだけで絶対にルアーを見切るからだ。

「そして、イメージとしてはボトムから50cmまで。高くても1mぐらいまでのレンジをキープします」
基本的にボトム付近を狙う。このボトムでのレンジキープもキモ。ボトムを切ってレンジキープしながらネチネチと連続でダートさせる。この釣りは見切られたら終わり。だから止めない。アタリがあってフッキングに持ち込めない場合でも、すぐに回収するのではなくそのレンジで続けてダートさせると追い食いしてくることも多々ある。

竿下でドラグ調整して沖で再現

肝心なのはボトムネチネチなのだが、これが意外と難しい。より確実にボトムをキープしてダートさせるには、実はリールのドラグ設定に秘密があった。

「ドラグを緩めすぎるとシャクった後にラインが出てしまうためリグにそのパワーが伝わりにくくなる。逆にドラグを締めすぎるとパワーが伝わりすぎてルアーが大きく手前へ寄ったりレンジが上がったりしてしまう。ネチネチとボトムをダートさせるにはドラグ設定が重要なんですが、その設定方法は簡単です。竿下にルアーを落として、見ながら設定していきます。見えるレンジでアクションを確認するように竿下でシャクります。この時、シャクる強さはダートさせる時と同じパワーできっちりシャクります。そうやってシャクリながら徐々にドラグを緩めていく。すると、シャクる度にジッジッ……って鳴ってリグがちょっとずつ沈んでレンジが下がっていくぐらいになるんですが、ドラグはこれぐらい緩くて良いんです」
このように竿下で目で見て確認した緩めのドラグ設定として、それをキャストして沖で再現する。水深、流れの強さ、風の影響などに応じて、ジグヘッドは7g、10g、13gを使い分ける。使うジグヘッドのウエイトが変わればその都度ドラグの設定は調整すること。

2パターンの攻めでさらに数を稼ぐ

同じスポットで同じ左右のダートを繰り返すとシーバスはスレる。それを防ぐためにも左右のダートに加え、時折、縦方向(リフト&フォール)のアクションも入れる。これはロッドの操作で意図的に替えることができる。

「横方向のダートはロッドを下向きや横方向にシャクればいい。縦方向の軌道を描くアクションは、ロッドを上下にすればいいだけ。これらのコンビネーションでシーバスはスレにくくなって数が狙えるようになります。チェイスだけあってバイトに至らない時にこのように攻め方を変えると効果がありますね。あと、足元までチェイスしてきてることが多いんで、すぐにルアーを水面から出さずに竿下でしばらくチョンチョンやるのもかなり効果的です。そこでプラス20~30回ぐらいシャクってもいいぐらいの感じです」
最後まで気が抜けないボトムダート。バイトが多発するのはダートの方向転換の一瞬。つまり、アワセはロッドでルアーをシャクった流れのままでフッキングさせる必要がある。

難しい釣りがあってこそ道具も進化していく

「連続ダートだけに集中してると、魚が掛かっても体が次のダートのために勢いでティップを下げてしまう。すると、そこでフックアウトしてバレてしまう。だから、常にシャクリながらも常にアワセに対応できる心づもりでいる。これが難しいんですが、これをイメージしてると、シャクったタイミングでフッキングしたやつをそのままロッドを立ててフッキングできるようになるんです」
そしてそれを実現するには、ロッド選びも非常に重要になってくる。瞬間的なバイトをフッキングにまでスムーズに持ち込むにはそれ専用に仕上げられたタックルを使うことは釣果への最短距離になることは言うまでもない。アルカリダートスペシャルのネーミングが表す通りに、バイトを弾きにくい繊細なソリッドティップを搭載した、デイスター86Lは当然のことながら、この釣りと相性がとても良い。

「このように専用のタックルとルアーを使って、常にルアーをボトム付近でダートさせる釣りをやるようになってから、オフシーズンがなくなってしまいましたね。笑」
この繊細なボトムダートメソッドをマスター出来れば、冬の時期はもちろんのこと、低活性で沈んだ個体へのアプローチとして、ひとつの強力な手立てとなるはずだ。

 

関連動画 「 必殺!ボトムダートで冬シーバス完全攻略!!」